引越しの手続き

引越し前後の手続き

引越し前後の手続き

【転出届・転入届】

・引越し前に役場にて、転出届を行い「転出証明書」を発行してもらい、引越し完了後の役場で発行してもらった「転出証明書」を提出し、転入届をします。ただし、引っ越し先が同一の場合には、「転居届」を提出するだけになります。
転出届は、引越しの1~2週間前には終わらせるようにしましょう!
転入届に関しては、14日以内に行う事になっており、もしその手続きができていない場合には、裁判所から過料を請求される事もあるみたいなので、注意が必要です。
この転出届に必要になる書類は…

必要書類

・身分証明書
・印鑑
・国民健康保険証

以上3点になります。

※もし“転出届”をした後に、引越しが中止になった場合には、すみやかに役場に「転出中止」を行いましょう!

【電気の引越し手続き】

まずは、現在使用している電気の使用中止手続きをするために、電力会社に電話をしましょう!
使用開始手続きに関しては、電話もしくは、電力会社によってはホームページより申し込む事ができます。
電話だと手続きも早いので、急いでいる場合には、電話にて手続きを行うようにしましょう!

【ガスの引越し手続き】

引越しにあたり今まで使用していたガスの使用中止手続きをしなくてはなりません。電話もしくは、ホームページより簡単に手続きが完了します。
また、引越し完了後には、ガスの使用開始手続きも行わなくてはなりません。ガス会社に事前に連絡を取り、ガス会社立ち会いのもと、開栓しなくてはなりませんので、早めに予約を取りましょう!引越しの1週間ほど前にガス会社に連絡をとるのが、理想です。

【水道の引越し手続き】

水道局、もしくは役場の水道課に連絡を取り、水道の使用停止の手続きを行いましょう!
オペレーターに必要な情報を伝えるだけ完了します。
水道の使用開始手続きも電話にて、簡単に手続きが可能です。使用開始手続きの電話をしてから、数時間は使用できませんので、あらかじめ連絡はしておくようにしましょう!

【郵便局へ転居届】

引越しの1週間前に最寄りの郵便局にて、手続きを行いましょう!
その際に必要なものは…

必要書類

・身分証明書
・印鑑

上記の2点が必要になります。
郵便局にある「転居はがき」に必要事項を記入して、投函するだけでも同様の手続きができます。
また、WEBからでも転居届ができます。
下記URLから行えますので、ご利用ください
http://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

【固定電話の移転手続き】

開通するまで1週間ほどかかるので、引越しの1~2週間前までには電話の移転手続きを完了させておきましょう!
手続き方法は…
●「116」に電話をする
使用中の電話番号・契約者名義・現住所と新住所・取り外し、取り付け希望日の情報を伝える必要がありますので、事前に確認しておく必要があります。

【インターネットプロバイダの引越し手続き】

インターネットの使用を考えている人は、事前にプロバイダに連絡を取る必要があります。
手続きをしてからすぐにはインターネットを使用する事ができませんので、引越しの2~4週間前には手続きをするようにしましょう!
※引越し時にネット回線を見直そう!

【転校手続き】

子供がいる場合には、「転校手続き」も必要になってきます。
住んでいる所によっても手続き方法が異なる場合があるので、学校・役場に相談してから行うのが理想です。
転校手続きに必要な書類は…

必要書類

・在学証明書(学校にて入手可)
・教科書給与証明書(学校にて入手可)
・入学通知書(役場にて入手可)

以上の3点を転校先の学校に提出すれば完了です。
各地域によっても書類の名所が異なりますので、事前に情報収集だけは行いましょう!

引越し前後の手続き関連ページ

費用と相場について
引越し業者によって費用は異なってきます。そのためにも引越し相場を把握する事で、より効率の良い引越しをする事ができます。こちらのページでは、費用と相場について紹介しています。
引越し時期の落とし穴
引越し時期によっても費用というのは大きく異なります。また、作業の質も悪くなる可能性が高いので注意が必要です。こちらのページでは引越し時期の注意点について紹介しています。
格安業者の選び方
引越し業者の選定は格安に引越しを行う上で非常に重要な事になってきます。数ある業者の中から自分に合った業者を選ぶためにはどうしたら良いのか?こちらのページでは、引越し業者の選び方について記載しています。
荷物を処分しよう
引越しの荷物を最低限にすることで、より格安に引越しを行う事ができます。不用品の処分方法も記載しているので、参考にしてください。
ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。