引越し時の立ち会いトラブル

引越しに立ち会えない場合

引越しをキャンセルする際にはキャンセル料が発生する

引越し時のキャンセル

 引越しを予定したものの、当日に仕事などの急な用事が入ってしまい立ち会えなくなってしまった時はどうすれば良いのか。

 引越し業者にお願いして立ち会いがなくても作業をしてもらえるのか?何かの理由で引越し当日に作業に立ち会えなくなった場合、殆どの引越し業者では引越し作業を行うことはできません。

 理由は簡単で、依頼者がいなければ荷物の紛失や損壊を確認することもできず、契約時に梱包作業を自分でやることになっていたりすると作業に支障がでてしまいトラブルの原因になるので、立ち会えない場合は引越し作業はしないことになっています。

 どうしても立ち会えない場合は代理人を用意しないといけませんが、荷物の破損等が起きた場合、代理人が処理する必要がでてきます。

 後から荷物の破損が発覚してクレームをだしても、その場にいなかったことを理由に相手にしてくれません。あくまで現場にいないといけないので、代理人を用意して立ち会ってもらうにしてもリスクが伴います。

【すぐに連絡をしないとキャンセル料が発生する】

 立ち会えないことがわかったら、すぐに引越し業者に連絡して引越しの延期か、予定の都合がつかないのならキャンセルをした方が後々トラブルになりません。

 但し、引越しの前日や前々日にキャンセルをしてしまうと見積もり額の10%〜20%キャンセル料が発生してしまうので、その場合は延期を申し込めばペナルティとして料金は発生しません。

 立ち会いが出来ないと分かったらすぐに引越し業者に連絡をして下さい。

 引越し時のキャンセル料金の詳細はコチラ

引越し時に立ち会えない場合関連ページ

料金は時期で変わる
引越しの時期によって引越し費用は異なります。もし可能であれば、引越しの時期も考えて引越しをするようにしましょう!
敷金について
引越しをした際には、敷金が戻ってきます。不動産業者、大家さんにしっかりと返還手続きを取りましょう!トラブルになる可能性もあるので、覚えておくことをオススメします。
エアコン料金について
エアコンを引越しさせるためには、別途料金が発生します。新しく購入した方が安く引越しができる可能性もありますので、一度計算する事をオススメします。
トラブル回避方法
引越しトラブルも調べてみると結構あります。ですから、事前に情報収集する事が非常に重要になってくるのです。トラブルに巻き込まれると時間も費用もかかるので十分に注意しましょう。
仏滅について
「仏滅」に引越しをすることで格安に引越しができる可能性があります。こだわりがないのであれば、仏滅を狙って引越しをしましょう!
午後に引越しをする
午前中は引越し作業が集中するので、午後に引越しをした方が、引越し費用が安くなる可能性があります。時間のある方は午後の引越しをオススメします。
費用の算出方法
引越し料金はどのように決められているのでしょうか。より格安に行うためにも、引越し料金の算出方法を知っておきましょう。
ご迷惑でなければ、共有・拡散をお願いいたします。